第1回NINJAメタバライブレビュー【メタバース×NFT×音楽ライブ】〜全てはここから始まった〜

  • URLをコピーしました!

2021年12月10日、伝説が始まりました。

第1回NINJAメタバライブが、メタバースプラットフォームclusterで開催。

私自身、第1回のライブからBGM制作等で携わってきています。

現在は2,000人超が参加し、更なる盛り上がりを見せているNINJAメタバライブ。

これまでのライブの総延べ参加者数は2万人を超えました(2022年10月時点)。

実際に当事者としてその場にいた私アヲアヒル(@awoahiru)が、当時のライブの模様を振り返ります。

目次

記念すべき第1回はMC不在の波乱の幕開け

NINJAメタバライブのMCといえばDJシュン(@shunnft)さん。

なんと第1回のライブ会場には姿を見せませんでした。

理由はこちら。

代打でMCを務めたのは、もう1人のNINJAメタバライブ発起人であるペスハムさん(@pess_ham)。

土壇場でシュンさんから台本を預かり、なんとかMCをこなしました。

NINJAメタバライブ初めての出演者は2人

当初出演者は3名の予定でした。

そのうち1名が音声が出力できないトラブルがあり出演できず。

初めてのNINJAメタバライブは出演者は2名だったんですよね。

実はサプライズで出演予定だったMCのDJシュンさんも、光回線が間に合わず出演ならず。

出演者① しもんずげーとさん

第1回NINJAメタバライブのトップバッターは、NFTクリエイターのしもんずげーとさん(@shimonzgate)。

メタバライブの記念すべき最初の出演者ですね。

Adoの「ギラギラ」を披露してくれました。

イラストも歌もいけちゃうしもんずげーとさん。

ご本人は緊張したとおっしゃっていましたが、プロ顔負けの歌声で会場を沸かせました。

出演者② ROYさん

続いての出演者はROYさん(@ROY918music)。

他の出演者が音声トラブルにより出演できなくなったため、オリジナルソングを急遽2曲披露していただきました。

アバターは学ランにリーゼント。

会場に美声を轟かせてくれました。

第1回の延べ参加者数は363名

執筆時点(2022年10月)では参加者数が2,000人規模となっているNINJAメタバライブ。

初回は363人でした。

それでもこれはかなりの衝撃だったんですよね。

実際のアマチュアのライブにこれだけの人数が集まるなんてなかなかないです。

運営も音楽のプロではありません。

しかも会場はメタバース。

そこに300人を超える人達が集まるだなんて予想もしていませんでした。

「Aopanda Party」Ao Uminoさんのメタバース企画をPR

第1回NINJAメタバライブでは、Ao Uminoさん(@Devil_Kitties_)のDecentralandでの企画のPRをライブ開始前にお知らせしているんですよね。

もちろんAoさんがNinjaホルダーになる前、ジェネラティブNFTプロジェクト「Aopanda Party」を始める前のこと。

「#NINJAメタバライブ」でライブを振り返る

NINJAメタバライブのことをツイートする際はハッシュタグをつけて「#NINJAメタバライブ」でツイートするよう呼びかけています。

これは第1回から継続しているんですよね。

「#NINJAメタバライブ」のツイートで当日のライブの様子を振り返ります。

第1回NINJAメタバライブセットリスト

第1回NINJAメタバライブのセットリストはこちら。

開始前の30分間は音楽NFTクリエイターのBGMを流しています。

出演者

・しもんずげーと(@shimonzgate) 「ギラギラ/ado」

・ROY(@ROY918music)「小さな翼」「妄想ダンサー」

開始前BGM

・ペスハム(@pess_ham) 「La, La, La NINJA」

・アヲアヒル(@awoahiru) 「NinjaMetaNinja」

・ゴーオンマガジン(@go_on_nft) 「kohaku1BAN」

1年後にジェネラティブNFTを放つことになったNINJAメタバライブ

NINJAメタバライブは2022年12月10日に1周年を迎えます。

当日は1周年記念ライブを予定しています。

そしてなんと、翌日11日にはジェネラティブNFTをリリース。

第1回のメタバライブの時は想像もしていないことが起ころうとしています。

突如生まれた公式マスコットキャラクター「めたばっち」をもととしたジェネラティブNFTプロジェクト。

NINJAメタバライブは、回を重ねるごとに盛り上がりをみせています。

ジェネラティブNFT「めたばっち」もメタバライブとともに成長していくことでしょう。

乞うご期待です。

なお、NFTを手に入れるには「イーサリアム」という仮想通貨が必要です。

仮想通貨口座の開設手順はこちらの記事を参考にしてください。

WL(ホワイトリスト)企画やってます

ジェネラティブNFTリリースに向けて、WL(ホワイトリスト)企画を展開しています。

「WL(ホワイトリスト)」のことを「めたばっち よやくけん」と呼ぶことにしました。

NFTに馴染みのない方も参加できるよう極力わかりやすい表現にしたんですよね。

・ブログでめたばっち
・音声でめたばっち
・ファンアートでめたばっち
・歌ってめたばっち

以上の4つの企画を実施中。

詳細は以下のツイートをご覧ください。

NINJAメタバライブをもっと知りたい方へ

最後に、NINJAメタバライブをもっと知りたい方へご案内です。

公式ウェブサイトのほか、TwitterInstagramもあります。

YouTubeでは、当日の生配信のほか、一部アーカイブ映像もご覧になれます。

12月リリースのNFT「めたばっち」の保有者(ホルダー)になると、これまでのライブ映像を全て見ることができます。

NINJAメタバライブは、今や日本最大となったNFTコミュニティ「NInja DAO」から生まれたメタバースライブです。

「NInja DAO」のDiscordの中にNINJAメタバライブのチャンネルがあります。

ぜひお気軽にお越しくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる